HiFB工法

HiFB工法の特長

ハイエフビー(HiFB)工法は、プレボーリング系根固め工法の一種の埋込み杭工法である。
掘削は、掘削攪拌装置により、まず施工地盤内に掘削液を注入しながら所定深度まで掘削攪拌された掘削孔を造成する。
さらに所定深度(支持層付近)において、根固め液を注入して掘削底部に根固め球根を築造する。そして掘削攪拌装置を引き上げながら杭周固定液を注入・攪拌して、地盤内にソイルセメント状の掘削孔を築造する。
その後、杭の設置は、既製杭(杭頭及び先端部に金具取り付けの先端開放杭)を築造された掘削孔内に自沈又は回転により埋設して、所定深度の根固め球根部に杭先端を設置する高支持力工法である。

■大きな周面摩擦力

周面摩擦力係数はHBM工法同様、旧認定工法から砂質土層(β)で3.1倍、粘性土層(γ)で1.6倍にUPしています。

■先端粘土質地盤への対応

先端地盤は砂質地盤、礫質地盤に加えて、粘土質地盤にも適用することができます。

■安価な設計

大きな周面摩擦力により、杭長が約30m以上の場合、本工法で対応可能となる場合があり、他の高支持力工法と比較して安価な設計が可能となります。

■特殊形状の杭を使用しない

基礎杭先端に特殊形状の杭を使用しないため、すべての種類の既製コンクリート杭を使用できます。

施工順序

地盤の許容支持力計算式

ここで、(i)、(ii)式において、

α: 杭先端支持力係数
先端地盤:砂質地盤および礫質地盤の場合
α=340
先端地盤:粘土質地盤の場合
α=340×0.90 = 315
β: 砂質地盤における杭周面摩擦係数 β=6.2 とする。
γ: 粘土地盤における杭周面摩擦係数 γ=0.8とする。
N: 基礎杭先端より下方に1D、上方に1D間の地盤の標準貫入試験による打撃回数の平均値(回)
ただし、60を超える場合は60とする。
Ap: 基礎杭の有効断面積(㎡)
Ap=π・D2/4
Ns: 基礎杭周囲の地盤のうち、砂質地盤の標準貫入試験による打撃回数の平均値(回)
ただし、30を超える場合は30とする。
Ls: 基礎杭周囲の地盤のうち、砂質地盤に接する有効長さの合計(m)
qu: 基礎杭周囲の地盤のうち、粘土質地盤の一軸圧縮強度の平均値(kN/㎡)
Lc: 基礎杭周囲の地盤のうち、粘土質地盤に接する有効長さの合計(m)
ψ: 基礎杭周囲の有効長さ(m) ただし、ψ=π・D
Eタイプ杭を使用する場合も軸径Dで杭周面摩擦力を算定する。
なお、先端部区間(2D)については杭周面摩擦力を考慮しない。

適合条件

適用する地盤の種類
■基礎杭の先端付近の地盤の種類:砂質地盤、礫質地盤、粘土質地盤

最大施工深さ
63m(先端地盤・砂質地盤) 66m(先端地盤・礫質地盤) 53m(先端地盤・粘土質地盤)

Copyright© HOKUYU-SANGYOU Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP