New-STJ工法

New-STJ工法の特長

New-STJ工法は埋め込み工法の一種である中堀拡大根固め工法に分類される。
先端部に拡大翼と噴射孔とエア吐出孔を持つNew-STJビットを取り付けた連続スパイラルオーガを
あらかじめ杭中空部に挿入して杭を建て込みオーガ駆動装置にスパイラルオーガを接続し掘削を開始する。
杭の沈設は杭中空部に挿入したスパイラルオーガを正回転させ排土しながら沈設を行う。
この時、杭先端部から1m程度の先掘りを行いながら杭中空部を通して土砂の排土を行う。
支持層の手前まで達したら杭の沈設を止め、New-STJビットを先行させて拡大翼を拡翼し拡大掘削を行う。
杭周固定部の摩擦を考慮する場合は高圧でセメントミルクを噴射して杭周固定部を築造しながら杭を沈設する。
杭周固定部の築造が終わったらセメントミルクの噴射圧力を上げ、掘削速度を小さくして所定深度まで掘削築造しながら杭を所定深度まで沈設する。ただし、杭周固定部の摩擦を考慮しない場合は、杭周固定部のセメントミルク噴出を省略出来る。杭が所定深度に達したらそのまま引き続き所定深度まで球根部の築造を行う。
New-STJビットの拡大翼が杭先端に近づいたら、ビットを杭中空部へ格納しビットを引き上げながら杭中空部内に所定長以上の根固め液を噴射する。所定量の注入が完了した後、被圧を押さえるために杭中空部に注水を行いながらオーガを引き抜き施工を完了する。

注入された根固め液の硬化によって、杭本体と拡大球根を一体化させ、杭支持力を発現させる低排土の高支持力工法である。

■大きな先端支持力

地盤の許容支持力算定式の杭先端支持力係数はα=400、杭周面摩擦力係数はβ=2.5、γ=0.3となります。

■高品質の球根築造

拡大球根は、逆転拡大翼で1.3D(φ600は1.2D)の拡大掘削を行い築造します。
さらに高圧ジェット噴射(セメントミルク)によって拡大球根と支持地盤とを一体化させ、強化することにより確実に大きな先端支持力を発現させます。

■発生残土の削減

プレボーリング工法に比べて発生残土を削減できます。

■施工精度の向上

杭の中空部を掘進することにより直進性が保たれ、長尺杭の施工精度が向上します。

施工順序

地盤の許容支持力計算式

ここで、(i)、(ii)式において、

α: 杭先端支持力係数 
先端地盤:砂質地盤および礫質地盤の場合
α=400
β: 砂質地盤における杭周面摩擦係数 β=2.5 とする。
γ: 粘土地盤における杭周面摩擦係数 γ=0.3とする。
N: 基礎杭先端より下方に1D、上方に1D間の地盤の標準貫入試験による打撃回数の平均値(回)
ただし、Nの下限値は30とし、Nが60を超える場合は60とする。
Ap: 基礎杭の有効断面積(㎡)
Ap=π・D2/4
Ns: 基礎杭周囲の地盤のうち、砂質地盤の標準貫入試験による打撃回数の平均値(回)
ただし、30を超える場合は30とする。
Ls: 基礎杭周囲の地盤のうち、砂質地盤に接する有効長さの合計(m)
有効長さは、基礎杭先端の上方3D区間より上の地盤についての長さとする。
qu: 基礎杭周囲の地盤のうち、粘土質地盤の一軸圧縮強度の平均値(kN/㎡)
ただし、quが200を越える場合は200とする。
Lc: 基礎杭周囲の地盤のうち、粘土質地盤に接する有効長さの合計(m)
有効長さは、基礎杭先端の上方3D区間より上の地盤についての長さとする。
ψ: 基礎杭周囲の有効長さ(m) ただし、ψ=π・D

適合条件

■基礎杭の先端付近の地盤の種類:砂質地盤、礫質地盤
■杭径: φ600mm~φ1200mm ※φ500mmについては別途ご相談下さい。

最大施工深さ
70m(先端地盤・砂質地盤) 66m(先端地盤・礫質地盤)

Copyright© HOKUYU-SANGYOU Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP